バカラのルール・遊び方

【5分でわかる!】バカラのルールや遊び方・手数料を詳しく教えます

バカラはカードを使ったテーブルゲームの中でも非常にシンプルなギャンブルですが、その奥深さからランドカジノやオンラインカジノで大変人気があります。

日本では「バカラ賭博」として報道されるケースが多いことから、「バカラ=危ないギャンブル」というイメージが根付いてしまっています。

しかしカジノでは常にトップ人気を誇るギャンブルであり、オンラインカジノでしたら日本からバカラで遊んでも違法性に問われることはありません。

そこで今回の記事では、バカラで初めて遊ぶ方に向け、バカラとは何なのか?ルールや遊び方、プレイ時に発生する手数料などについて詳しくまとめてみました。

オンラインカジノでバカラを楽しみたい!いつかランドカジノへ行ってバカラで遊びたい!そんな初心者の方の参考になれば嬉しいです。

バカラとは

バカラとは「カジノの王様」とも呼ばれるテーブルゲームで、単純明快なルールで決着スピードも非常に早いですが、ワクワク・ドキドキ感は断トツです。

PlayerかBanker、どちらのカードが「9」に近いかを予想する楽しさ、そしてランドカジノでは「スクイーズ(絞り)」のアツさを体験できます。

スクイーズとは少しずつカードをめくっていくアクションのことで、結果こそ変わりませんが、徐々に数字が明らかになってくる様は、一度体験したら病みつきになることでしょう。

最近ではオンラインカジノでもスクイーズ機能が付いたバカラも多く、ライブカジノではユーザーに代わってディーラーやスタッフがスクイーズをしてくれます。

この単純明快なルール、そして次の数字に何が来るのか?というスリリングさがバカラ最大の魅力と言えます。

ちなみに「バカラ」とは「ゼロ(0)」「破産」という意味を持ちますので、バカラで遊ぶ際にはきちんと資金管理を行いましょう。

バカラのルール

バカラの基本的なルールは、カードの合計数の下一桁が9に近い方を予想するだけです。

非常にシンプルではありますが、カードの数え方はもちろんのこと、カード追加の条件などのルールを知っておくことで、より一層バカラを楽しむことができます。

そこでここでは、バカラの基本的なルールとして、

・「Player」「Banker」「Tie」を予想

・カードの数え方

・カード追加の条件

以上3つについて詳しく解説していきます。

「Player」「Banker」「Tie」を予想

バカラでは、PlayerBanker、もしくはTie(引き分け)いずれかを予想し、テーブルリミット内の金額をベットします。

ちなみにPlayerとはカジノで遊ぶプレイヤーのことではなく、あくまでも架空上のプレイヤーです。

どちらでも好きな方にベット可能ですが、バカラでは若干Bankerの方が勝ちやすくなっていますので、Bankerで的中した場合には、手数料が差し引かれるケースがあります

的中した場合の配当は2倍で、引き分けの場合にはベット金額全額がプレイヤーに戻されますが、Tieにベットしていることで8倍の配当がもらえます。

手数料こそあるものの、バカラの期待値が最も高いのはBankerへベットし続けることで、Tieへのベットは期待値を下げる大きな要因となります。

カードの数え方

バカラにおけるカードの数え方は、Aは1、2~10はそのまま、J・Q・Kは全て10と数えます。

例えば「Aと6」で7、「AとJ」で11、「QとK」で0となります。

スートの種類は関係なく、数字だけの合計で勝敗が決定します。

カード追加の条件

バカラではディーラーによってカードがテーブル上に配られますが、3枚目のカード追加は、ディーラーが自由に判断して良いわけではありません。

3枚目のカードを追加するかどうかは、上の画像のようにPlayerとBankerに配られた2枚のカードの合計数字によって異なります。

どちらの合計数字が「8(ナチュラル8)」または「9(ナチュラル9)」だった場合には、その場で勝敗が確定し、3枚目の追加はありません。

Bankerが3枚目を追加するか否かは、Playerの3枚目の数字によって変わります。

これらカード追加の条件に従ってディーラーが進行してくれるため、プレイヤーは気にする必要はありませんが、覚えておくことでより一層バカラを楽しめるようになります。

バカラの遊び方(ゲームの流れ)

バカラのルールを理解したところで、実際の遊び方(ゲームの流れ)について解説します。

基本的な流れは

・【1】ベッティングエリアへ賭ける

・【2】2枚ずつ合計4枚が配られる

・【3】条件によってカード追加

・【4】チップ没収 or 配当獲得

となり、1ゲーム当たり10~15秒ほどで終わります。(スクイーズがある場合にはもう少し時間がかかります)

それでは、オンラインカジノのバカラを使い、実際の遊び方について説明していきます。

【1】ベッティングエリアへ賭ける

まずはPlayerかBankerかを予想し、ベッティングエリアへチップを置きます

この時PlayerとBanker両方へのベット(2ティアベット)も可能ですが、元々両方へベットできないバカラもあります。

また多くのオンラインカジノではボーナスを使った2ティアベットは禁止されており、ボーナス全額没収されてしまう可能性がありますのでご注意ください。

基本的にはPlayer、もしくはBankerのいずれか1つへベットしましょう。

【2】2枚ずつ合計4枚が配られる

ベットが完了するとPlayerとBankerそれぞれに2枚ずつのカードが配られます。

システムでゲームを進行するテーブルゲームの場合には「ディール」をタップし、ライブカジノの場合はディーラーの判断で締め切られ、カード配布が始まります。

ちなみにランドカジノでは全て裏向きで配られ、PlayerとBankerそれぞれ最もベット金額の高いプレイヤーの前に置かれ、スクイーズする権利が与えられます。

【3】条件によってカード追加

各2枚ずつのカードが配られたあと、先述した「カード追加の条件」に従い、3枚目が追加されます。

条件によっては最初の4枚で決着がつき、ゲーム終了となります。

【4】チップ没収 or 配当獲得

カード追加も全て終わり、完全に決着がついたあとは、チップの没収、または配当の獲得となります。

以降【1】から繰り返されます。

バカラのコミッション(手数料)

バカラは50%で勝てるギャンブルですが、それでは胴元が利益を確保できず、ギャンブルビジネスとして成立しません。

そこでバカラではコミッションと呼ばれる手数料を設定しており、Bankerへベットしたプレイヤーが的中した際に徴収されます。(Playerにはコミッション無し

ハウスルールやバカラの種類によって異なりますが、基本的には、

・5%コミッション

・スーパーシックス

以上2つが挙げられ、これが胴元のハウスエッジとなります。

5%コミッション

5%コミッションとはバカラにおける最も一般的なコミッションであり、Bankerへ予想し見事的中した際に5%を差し引いてプレイヤーに払い戻しされます。

例えば100ドルをBankerへベットし的中したとします。

Playerでしたら2倍配当で100ドルの配当(合計200ドルの払い戻し)となりますが、Bankerは5%のコミッションを支払わなければいけないので、95ドルの配当となります。

ディーラーによって5%を差し引いた金額のみ払い戻しされますので、プレイヤーがわざわざ支払う必要はありません。

スーパーシックス

スーパーシックスとはBankerのカード合計が「6」で勝利した際に、50%のコミッションが差し引かれるルールです。

こちらもBankerへ100ドルベットし、見事的中したと仮定します。

この場合50%の50ドルがコミッションとして差し引かれるため、払い戻し金額は50ドル(合計150ドル)のみとなります。

6以外で的中した場合にはコミッションは一切発生しません。

スーパーシックスという名称から「50%も引かれるなんて全然スーパーじゃないじゃん!」と思われるかもしれませんが、実はスーパーシックスというベッティングエリアが追加されます。

スーパーシックスへベットした際にBankerが6で勝利すると12倍(カジノによって違いあり)の配当を得られるため、まさにスーパーな勝利となります。

まとめ

今回はバカラのルールや遊び方、手数料などについて詳しくご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

バカラはカジノの王様とも呼ばれ、ランドカジノでもオンラインカジノでも非常に人気の高いカードゲームですが、ルールはとってもシンプルです。

「シンプルなのに奥が深い」のがバカラの魅力であり、終始ドキドキワクワクを楽しむことができます。

ただしバカラの意味である「破産」を招いてしまわないためにも、きちんと資金管理を行い、適度に遊ぶようにしましょう。

オンラインカジノでしたら様々な機会にボーナスがもらえ、バカラにもベットが可能ですので、損失リスクの軽減にも繋がります。

是非この機会にオンラインカジノへ登録し、バカラで一攫千金を目指してみてはいかがでしょうか。